« 株価は底なのか?アンパンマンは?ドリカムは? | トップページ | マスコミに対するトヨタの報復 »

首相に庶民性は必要か?

麻生首相が飲みに行くホテルのバーが高いとか、安いとか。
小沢代表はいつも行くのは安い居酒屋だとか。
テレビでは実際にそれらの店に行ってレポートをしたりなどしている。

日本国民は本当にそんなことに関心を持っているのだろうか?
そもそものきっかけは北海道新聞の記者が質問をしたことに端を発するが、この問題設定が間違っていたのだろう。
麻生首相は裕福な家庭に生まれ育ったのだから、お金の使い方が庶民と違って当たり前だし、国会で質問されて困ったようにカップラーメンの値段なんて知っているわけがない(ちなみに400円くらいか、と答えたけど)。
じゃあ総理大臣が毎日新橋の居酒屋で飲んでいたら安心なんだろうか??逆に心配でたまらないけどなあ・・・。

今日本の総理大臣は国内よりも海外に向けてパフォーマンスをすべきだと思う。まだ実体経済はそんなに悪くなくて、金融面だけに集中していればいいのだから。
麻生首相は、この前はスーパーの視察、この週末は地方に行って漁業関係者と意見交換をして駅前で遊説をしたようだが、そんなパフォーマンスをしている時間があったら、日本で金融サミットを主催して世界恐慌の回避のリード役をやった方が海外ではもちろん、国内でも評価が上がって選挙対策にもなるだろう。
申し訳ないが庶民の暮らしは自分にはよくわからない、しかし国を背負って国益のために海外と戦う、その方が受けると思うけどなあ。

海外ではいまだ「バブル後の日本の対応に学ぶべき点があるのではないか」という議論がされているのだから、体験談を話すだけでいい。日本の株式市場は、なんとなく欧州、米国の後に開いて、そちらの影響を多大に受けるというイメージがあるが、日付からいうと東京のマーケットが一番最初に開くというのは最大のアドバンテージだ。日本でまず方向をつくって、欧州、米国が続くという流れをつくればいいと思う。

しかし今の首相、財務大臣にはそのような意識はなさそうだ。金融対策を打ち出すのは昼頃とか、ひどいときは9時15分。遅くとも9時だろう、普通は・・・。
今の日本の株式市場は誰もが上がるのか下がるのかわかりやすいサインを探している状況なので、サインさえ出してあげればコントロールするのはそんなに難しくないはずだ。
自分でできないんだったら、米国のように有能な経済・金融のブレーンをつけて任せればいいと思う。

その点の良い見本になるのがオバマかもしれない。政策に詳しいわけでもないし、全部専門家に丸投げだけど、丸投げする分まだましだろう。余計なことはしないだろうから。危機の時のリーダーシップは彼のスタイルの方がいいと思う。

話はかわるが、意図がわからないのが話題の定額給付だ。つっこむべきは所得制限ではなくて、そもそもの目的だろう。前にやってみて、消費にはつながらずに預金に向かっただけで終わった施策が、今回は成功すると考える根拠は、誰も深く追求しない。なぜ減税ではだめなのか?お金でわたせば国民は使っちゃうだろうし、その上で消費税を上げるといえば反対しないだろう、と考えているとしたら相当国民は頭が悪いと思われているのかもしれない。そして実際に所得制限に対する文句が出て、消費税については議論にならないところを見ると、本当に国民は頭が悪いのかもしれない・・・

|

« 株価は底なのか?アンパンマンは?ドリカムは? | トップページ | マスコミに対するトヨタの報復 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相に庶民性は必要か?:

» 麻生首相 [そこ気になるニュース]
<麻生首相>漢字は苦手? 頻繁に読み間違い [続きを読む]

受信: 2008年11月13日 (木) 13時31分

« 株価は底なのか?アンパンマンは?ドリカムは? | トップページ | マスコミに対するトヨタの報復 »